株式会社ヨシノ

生命保険、損害保険は 川崎の株式会社ヨシノにおまかせください!

FPのマネーブログ -2015年3月

マネーセミナー&FP相談を通じて、少しでも多くの人にハッピーリタイアを迎えて頂けるよう活動中!
夢のある生活を目指して、日々感じる事を書き綴ります!

5頭のクジラ

今、日本の株式市場で存在感を発揮しているのが「クジラ」です。
しかもその数は5頭!

くじら

ではその「クジラ」の正体とは?
ズバリ公的マネーです!

具体的に言うと、
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)
共済年金(地方公務員共済組合連合会などの3共済)
かんぽ生命・ゆうちょ銀行
日本銀行

まず137兆円の資金を誇るGPIFが株式の運用比率を引き上げ。
日本株式 12% → 25%
そして共済年金の運用比率もGPIFに追随することを決定。

さらに今秋上場を控えているかんぽ生命・ゆうちょ銀行も国債中心の運用から株式へ。
そして日本銀行の金融緩和いにょる日本株のETF買い。

5頭のクジラの勢いで買われている日本株。
注目はこの「クジラ買い」がいつまで続くか?
今後のカギとなりそうです。

 

球春到来!

さて今日は午前中から関内駅周辺はいつも以上の人波。
その時は特に気にも留めなかったのですが、お昼頃から鳴り物入りの応援が…

今日は横浜スタジアムでタイガース戦。
ちょっと11Fの会議室からのぞいてみると、

DSC_0229

平日も関わらず、外野席は結構埋まっていました。

あと10日もすればペナントレースも開幕。
関内もいよいよ球春到来です!

 

 

便利な卓上カレンダー

先日「マーケットアナライズ」のセミナーに参加した際に卓上カレンダーをもらいました。

DSC_0227

2015年相場スケジュールカレンダー
大和証券のものですが、毎月の株式市場の傾向と注目スケジュール・コラムまで記載されている便利なカレンダーです。

では今月の傾向は、
配当落ち分を埋めれば、その年の株式市場は強い
つまり3月末の権利落ち日(配当金・優待などの株主の権利を確定させる最終営業日の翌日)の株価騰落が、その年の株式市場を象徴することが多いとのこと。

ちなみにこのカレンダーのデータを見ると、2013年・2014年とも権利落ち日の株価は上昇。
ということで今年も27日の権利落ち日の株価は注目されます。

 

相続対策の保険相談会

souzoku

Q:そもそも生命保険はなぜ相続対策に活用されるのでしょうか?
A:すぐに実行できる相続対策だからです。
非課税枠だけがクローズアップされていますが、不動産などの対策に比べて手続きも簡単で、思い立ったら明日から実践できる対策なのです。

活用事例
(例)不動産 3000万円 現預金3000万円 法定相続人3人
Q:この場合の相続税は?
A:120万円

しかし明日からすぐに相続税をゼロにする方法があります。
その方法とは?

現預金 1500万円 → 一時払い終身保険 1500万円
現預金3000万円のうち、1500万円を保険料として一時払い終身に加入。
これで相続税はゼロになります。

なぜ?
500万×法定相続人=相続税非課税枠
この場合は法定相続人が3人なので1500万円まで非課税となります。

したがって生命保険加入後の相続財産は、
不動産3000万円+現預金3000万円-生命保険1500万円4500万円
法定相続人が3人の場合の基礎控除4800万円なので相続税はゼロになります。

つまり現預金の一部を銀行から保険会社へ預け先を変えるだけで相続対策ができるわけです。

でも生命保険は健康状態や年齢が関係あるのでは?
一時払い終身保険の場合は、健康告知は必要ありません。
また加入年齢も87歳まで可能な保険会社もあります。

ということで書類に記入し、保険会社に保険料を入金すれば明日からでも対策が可能なのです。

相談会ではその他に、
・孫への生前贈与で相続財産を減らす対策
・生命保険の契約者名義変更によって評価額を下げる活用法
・遺言代わりに使う生命保険の使い方
etc

生命保険を使った様々な相続対策を考える相談会です。
被相続人の方だけでなく、相続人の方もお気軽にご参加下さい。

<担当>
相続診断士・ファイナンシャルプランナー 牧野康志
D71_6750_3

<相談会時間帯>
●平日
 ①10:30~ ②13:00~ ③15:00~ ④17:00~
●土日祝日
①10:30~ ②13:00~ ③15;00~

上記時間帯で行いますが、必ず事前予約が必要です。(相談無料)
※上記時間帯以外でも調整可能であれば対応致しますのでお気軽にご連絡下さい。

ご予約約フォーム

<場所>
VIT横浜 3F 会議室(関内駅南口より徒歩1分)

accessmap3

<ご予約・お問い合わせ>
株式会社ヨシノ 関内オフィス
TEL:045-228-7359(受付時間 10:00~18:00)

カテゴリー
タグ
Copyright © 2020 Yoshino Corporation All Rights Reserved.