株式会社ヨシノ

生命保険、損害保険は 川崎の株式会社ヨシノにおまかせください!

FPのマネーブログ

マネーセミナー&FP相談を通じて、少しでも多くの人にハッピーリタイアを迎えて頂けるよう活動中!
夢のある生活を目指して、日々感じる事を書き綴ります!

エボラ出血熱で保険は使える?

WHOは12日、エボラ出血熱の死者が5000人を超えたと発表。
依然として感染拡大の懸念が続いています。

ではエボラ出血熱に感染した場合に保険は使える?
まず生命保険に関しては問題ありません。
入院すれば加入してる保険から入院給付金が支払われます。

問題は損害保険です。
エボラ出血熱は海外で感染する可能性が高いわけですが、
海外旅行保険は?
保険会社のパンフレットには、

保険のお支払い対象となる期間中に、特定の感染症(コレラ、ぺスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、黄熱、重症急性呼吸器症候群(SARS)、エボラ出血熱、高病原性鳥インフルエンザ、赤痢など)に感染したことにより、期間終了日からその日を含めて30日を経過するするまでに医師の治療を開始した場合。

と書かれており、エボラ出血熱は補償の対象です!

では傷害保険では?
基本補償ではエボラ出血熱などの特定の感染症は対象外です。

ただし、保険会社によっては、
特定感染症危険補償特約
WS000039
を付加することによって、エボラ出血熱も補償の対象となります。

ということで傷害保険は特約を付加しないと補償されませんし、全ての保険会社にこの特約があるわけではないのでご注意下さい!

 

 

Copyright © 2020 Yoshino Corporation All Rights Reserved.